推進メンバー募集しています!

2020年12月17日

エリアマネジメント南山は、南山の街を住民が主体となり、自分たちの街を自分たちで育てていくための地域組織です。地域の課題を解決したり、緑と関わりあう街を目指して、様々な事業に取り組んでいます。それぞれの事業について、一緒に活動を進めていく推進メンバー*を随時募集しています!

*推進メンバー
継続的に活動している活動に一緒に参加したり、イベントの運営に参加をしていくメンバーです。継続的な活動もありますが、無理のない形で活動に参加、事業を進めています。


事業一覧


現在推進メンバーを募集している事業

▼農業体験事業
-身近な里山を生かした自然体験の企画運営等

稲城市は、都心から至近な距離にあるにも関わらず自然が多く残るまちです。平野部では梨やぶどう農園が多く、丘陵部では四季折々の様々な野菜や果物が栽培されています。エリアマネジメント南山では、そうした地域の恵みを生かして、地域の農家さんの協力を得ながら地域の自然と関わる機会を作っています。
具体的には、じゃがいも堀りや梅もぎ梨もぎ体験焼き芋などを実施しています。農業に興味があったり、自然が好きな方におすすめです。

▼公園・緑化推進事業
-公園づくり、公園事務所の庭の手入れ、竹林の手入れ、  里山の手入れ、有志メンバーによる畑づくり等

1) 緑化
新しくできたまちの緑化に協力し、稲城らしい里山の再生をめざして活動しています。具体的には、南山で取れたドングリを植え、クヌギ、コナラの幼木を育てています。 しばらく活用の予定がない土地を地権者の方からお借りしている場所で幼木を育て、まちの中の緑地や、公園に植え、緑化を進めてたり、植樹場所の手入れを定期的に行っています。また、メンバーの有志で畑づくりも楽しんでいます。

2) 公園づくり

南山東部土地区画整理区域内にある公園について、里山の良さを残したうえで、希少種の保護を進めながら、市民から愛される公園づくりを目指しています。 市民参加の手づくりで建設費も最小限に抑えられるような公園とは、どのような公園なのかを住民参加型で考えながら作っていきます。現在進めているのは奥畑谷戸公園にあるシンボル的要素の強いウッドデッキの維持管理と、その周辺の下草刈りです。
→ ウッドデッキの下草刈り

▼コミュニティ形成支援事業
-交流イベント(ヨガ・フリーマーケット・コンサート等)の企画運営

まちですれ違ったときに挨拶ができたり、ちょっとしたことで相談ができるなど、同じ地域に住む人同士、知り合いとなる機会があることが、住みよいまちの第一歩と考えます。コミュニティづくりとして、様々な交流のイベントを開催しています。最近では、会員の方が主催したイベントも開催しています。ぜひ声をお寄せください。
→ 親子ヨガ子育て交流会しめ縄づくりワークショップ など
人と関わることや、何かを企画するのが好きな人はぜひ参加してみてください!

▼ビジョン推進事業(新設)
-中長期ビジョン活動の推進や南山エリアの課題解決に向けた活動等

会員のみなさまの意見を集めたり、エリアマネジメント南山のビジョンを推進していくための活動グループです。主に地域にお住まいの会員のみなさまの声を活動に反映し、ビジョンを推進するための企画などを行っていきます。


推進メンバー申し込み・お問い合わせフォーム

*は入力必須項目です

※複数の事業を選択できます。参加希望の場合は、無理のない範囲でお選ぶください。

【連載】里山とは・・・

2020年12月14日

エリアマネジメント南山の活動のあれこれをお伝えしていく連載記事の第3回目。
今回は「里山とは・・・?」です。

私たちの身近な自然「里山」。エリアマネジメント南山のニュースレターや、イベントでも何度も使ってきた言葉でもあります。南山のまちは、元々は里山として使われてきた土地にできています。里山の言葉の意味や、里山をめぐる背景について、お伝えできたらと思います。


1)里山の言葉の意味

「里山」とインターネットで検索してみると、下記のような説明が出てきます。

里山(さとやま)とは、集落、人里に隣接した結果、人間の影響を受けた生態系が存在する山をいう。
【wikipedia】  https://ja.wikipedia.org/wiki/里山

これをもう少し噛みくだいてみます。
里山とは、私たちが生活しているすぐそばにある山であり、生活に必要なものを得るために利用し、その活動の影響を受けた生き物たちや植物が育まれている自然(山)のことを指します。手を加えた自然ということで「2次的自然」「2次林」とも呼ばれます。人の手が入らなくなった林は「極相林」という植物の移り変わりが落ち着く状態へと変化していきますが、今回は、詳しい解説は省きます。

生活に必要なものというのは、家を建てるための木材や、その木を木炭や竹炭にして燃料として利用し、落ち葉は家畜の糞尿とともに時間をかけて堆肥にして、畑で作物を育てるための肥料として使ってきました。現在では少なくなってしまいましたが、山で切った材木にドリルで穴を開けてキノコの菌を打ち込み、キノコを栽培するようなことも行われていました。

山菜の季節になれば収穫したり、四季を通じて暮らしを営むための様々な活動が行われ、自然の移り変わりに人の手が入った結果、手つかずの自然とはちがう豊かな生態系(動物や植物、人間を含めた関わり合いのシステム)が育まれてきました。

(*エリアマネジメント南山では、キノコの植菌体験のイベントを開催したこともあります)

里山のほかに、里地、里海というように、人々の暮らしと密接した自然のことを指す言葉も生まれています。


2)里山をめぐる背景

かつて、いまのように近代化・都市化が進む前は、多くのまちでは農業や畜産業のような一次産業が主な産業で、里山も生活に不可欠な、人間の活動と密接した自然として存在していました。稲城も同じように里山を利用してきた経緯があり、南山では縄文時代からこの地で暮らしが営まれてきたことがわかっています。

ただ、現代では、木炭や竹炭はガスに変わり、木材は海外から輸入してきたものが使われるようになりました。畑につかう堆肥は化学肥料に置き換わっていったり、私たちの生活の仕方の変化と合わせて生活に必要なものを得るために里山を利用することは少なくなっていきました。

さらに、里山を管理してきた人たちも高齢化してきており、手入れが行き届かなかったり、経済的な価値が生み出しにくくなってしまった結果、手放され荒廃してしまう、という状況に置かれています。これが、日本各地の里山の立ち位置です。

一方、南山では、これまで手がつかず荒れてしまった土地もありましたが、ここ数年の間で、NPOが立ち上がり、自分たちのフィールドをもち整備を進めたり、地元の保育園や幼稚園が自然・農業体験の場所として土地を取得して整備が進んでいる場所が増えてきました。住宅地との距離が近い南山の特徴を生かして、里山を新しい使い方が広がり始めています。


3)里山との新しい関係性

「生活に必要なものを得るための山」という私たちと里山の関わりは、かつてよりも弱くなってきています。

しかし、開発が進んでいった結果、自然は少なくなり希少性が高くなってきていることや、自然を豊かなところで暮らしたいという声も徐々に増えていっていることも実感として感じています。南山にまだ残る里山の自然に魅力を感じて、このまちに越してきた、という声もよく聞きます。

南山の里山のなかには、拠点をもち、活動を広げている団体もあります。

エリアマネジメント南山では、そういった団体と協力しながら、今の時代にあった「里山との新しい関係性」を生み出し、育んでいきたいと考えています。これまでにもキノコの植菌体験や、収穫体験などイベントを通じて里山のことを伝える活動も取り組んできました。山で集めたどんぐりから苗木を育て、奥畑谷戸公園の敷地内に植樹をするなど緑の再生も行っています。生産の場所としての里山以外にも、自然体験やレクリエーション、リラクゼーションの場としての可能性も考えられます。畑作業をしてみたいという声も少なからずあり、そういったニーズに合わせて、活動を広げていきたいと思います。

ぜひ里山でやってみたいことがあったら、教えていただけると嬉しいです。一緒に体を動かしたい、みどりが好きで関わってみたい、という方も歓迎しています。